日本語教師に求められるものは熱意です

2017年3月4日

日本語教師になるには何を求められる?

日本語教師に求められるものは熱意です はコメントを受け付けていません。


日本語教師で最も求められることは、熱意です。もちろんどんな仕事でも同じことですが、熱意があれば積極的になれます。トラブルが起きても前向きに対処できます。海外で挫折したくなければ熱意を持ちましょう。

熱意が求められます

かつて「でもしか」先生がいました。つまり「先生でもやろう」「先生しかできない」特別な才能がなくても、大学を出て教員免許を取得すれば先生になれた時代があったからです。日本の制度なら免許自体は簡単にもらえます。
とはいえ熱意がなければ、過酷な教育現場で長続きしません。多くの人は惰性で続けるか、もしくは辞めていくか、二つに一つでした。金八先生は極端すぎるでしょうが、ある程度の熱意は日本語教師の現場でも必要です。

僻地でも行けますか

日本国内の語学学校でも日本語教師の仕事はあります。もちろんそれも安定した、やりがいのある仕事です。とはいえどうせやるならば、海外に行く気持ちはないでしょうか。
例えば僻地でも行けますか。語学を教える環境であれば電気や水道は通っているでしょうが、断水や停電は日常茶飯事です。そうした場所でも教える意欲はありますか。逆にそうした地域からの求人は、採用条件が緩いケースも少なくないようです。

本気でやりたいですか

日本語教師をしたい、そういう気持ちはどれだけ強いでしょうか。もちろん日本語教師に限ったことではありませんが、先生の意欲は生徒に伝わります。気持ちがこもっていなければ、生徒も真剣に学ぼうとはしません。
学校の先生と同じく雑務に追われることも多いでしょう。それでも生徒ファーストで対応できるのか。海外ならプライベートの付き合いも少なくありません。限られた期間を没頭できるだけの本気度はあるか、自問自答してみましょう。

熱意があればなれます

燃え尽き症候群の心配もありますが、熱意を持って取り組みましょう。そうすれば大概の壁は乗り越えられます。学歴の差を感じることもありません。楽観的に考えることも、異文化人を相手にする際には不可欠の要素です。

関連する記事

    None Found