日本語教師は高卒でもなれるのか!?

教材
日本語教師にも様々なパターンがあります。それぞれにおいて求められるスキルは異なります。そのためどんな資格が必要か、分けて考えるべきでしょう。例えば高卒でもなれるのか、タイプ別に検討してみましょう。

日本語教師とは

日本語教師とは何か、国内外を問わず外国人に日本語を教える仕事です。職場によって求めるスキルは違ってきますが、学校の先生にあるような国家資格は存在しません。あるとしても民間資格です。それも必須ではありません。
言い換えると、国語の先生もしくは大学で日本語を研究していれば日本語教師に適しているか、これもイエスとは言えません。日本語教師になるために勉強日本語をまったく理解しない人に対する指導法やコミュニケーション力が必要とされるからです。
もちろん専門系の大学卒であることが望ましいでしょう。つまり相手に対する説得力を生むからです。とはいえ高校や短大、専門学校卒でも日本語教師として活躍している人は大勢います。学歴があれば有利ですが、これも絶対ではありません。

国内で働く場合

1.公的機関

日本語教師として国内で働く場合を考えてみましょう。例えば公的機関です。代表的なタイプは国際協力機構JICAがあります。JICAは外務省の外郭団体であり、海外から研修生を受け入れています。
そこで短期および長期の研修生に対して日本語を教える仕事があります。テンポラリーもしくは契約型になりますが、公的な仕事なので何らかの資格、事実上大卒を選ぶようです。もちろん高卒でも既に相応の実績があれば採用されます。
一方で大学、逆に地域の小学校などで外国人、主に移民などへ日本語を教える仕事もあります。自治体によって細かい採用条件は異なります。一度問い合わせてみるとよいでしょう。

2.民間団体

日本語教師に対する求人で一番多いのは、国内の日本語学校かもしれません。つまり民間の各種学校に該当する施設です。玉石混交であり把握できないほど多くあります。とはいえ実務経験を積むには適しています。
ここでの生徒は片言の日本語を話すでしょう。それを正しい形に直してあげるスキルが求められます。一部大学と提携し留学生を受け入れるケースもあるようです。
もちろん学校なので、大卒であったり専門の資格があると有利です。ただし相応の実績があると認められた場合には高卒でも採用される可能性は大いにあります。ちなみに個人塾に近い形式もあり、募集条件が甘くなりがちです。

海外で働く場合

1.公的機関

わかりやすいのは、こちらもJICAのボランティアもしくは専門家として海外へ赴任するパターンです。青年海外協力隊では毎年多くの日本語教師を募集しています。とはいえ数年単位の契約がほとんどであり、安定した仕事ではありません。
赴任先では当該国のエリートを相手にする場合もあるので、やはり学歴や経験を重視します。高卒でも採用される可能性はありますが、競争率がアップした際には何らかの特殊技能が求められるでしょう。

2.民間団体

海外の語学学校で日本語を教える仕事もあります。例えば日本の大学へ入ることを望む現地の人達へ日本語を指導します。ただし民間団体の場合には、学歴がないと就労ビザを取得しにくい国があるようです。事前に調べておきましょう。
一方で民間ボランティア団体NGOなどに参加するパターンも少なくありません。こちらはボランティアなので、ちょっと僻地へ行くかもしれません。安全面のリスクはありますが、熱意があれば学歴を問わず採用されやすいでしょう。

頑張れば高卒でもなれます

日本語教師に必須の資格はありません。学歴があれば有利にはなりますが絶対条件ではありません。大切なのは教えるスキルです。採用試験であっても自分の特技をアピールしましょう。能力に見合った職場は必ずあります。


世界ですぐに活躍できる「日本語教師」を育成 | 東京中央日本語学院(TCJ)
≪https://xn--euts3n8lg6bk91h.jp.net/≫

日本語教師になるなら東京中央日本語学院